ケイトが息子で真犯人!?主題歌「素晴らしき嘘」にも隠された伏線か #最終回予想

??ついに最終回を迎えるドラマ「知らなくていいこと」。
ネットでは真犯人の考察合戦が行われています。

信じられないスクープとは

「信じられないスクープは、私自身のことでした」
こう始まった週刊誌が舞台のドラマ。

 

この信じられないスクープとは、
「週刊イースト襲撃事件」のことかと思いましたが…

Ⓒ日本テレビ

 

「無差別殺人事件」の真相こそ
信じられないスクープに繋がることは確か。

 新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も
事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!
引用元:知らなくていいこと公式サイト

ケイト、兄の元へ

ケイトの異母兄にあたる乃十阿の息子。
なんとドイツにいるらしい。

30年前、乃十阿のとあ(小林薫)が幼い息子をかばって
罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。
引用元:知らなくていいこと公式サイト

ケイトは32歳の設定で
事件が起きた30年前、兄は3歳。ケイト2歳。
同時期に不倫相手にも子どもを産ませた
乃十阿、殺人犯ではなくともなかなか罪深い。。

息子(犯人)ケイト説

真犯人として一番名前が挙がっているのは
やはり主役の”ケイト”。


幼少期は見た目が男の子みたいだった?


“ケイト”が男の子みたいな名前だから…?


3歳の息子。30年前ケイトの年齢も大体同じ。

「エデンの東」が鍵?

ケイトの命名にも関わった「エデンの東」。
ここにも隠れた伏線がありそうですが…

『エデンの東』の中には「ケイト」という人物が登場する。
このケイトとは、登場人物キャシーの別名であり、毒婦としても描かれている。
引用元:REAL SOUND

ケイトは毒婦として描かれていたんですね。
毒婦の意味は
「悪心があって、悪事を働く女。(Google検索より)
なぜこんな名前を…
もしケイトが真犯人だとしたら皮肉でしかない。

 終活していた母・杏南

もし仮にケイトが犯人であったとしたら、
ケイトの母・杏南が本当に隠したかったことは
乃十阿が父親だということではなく
ケイトが事件の犯人であったということかもしれない。

 

杏南は尾高に遺影写真を撮らせていた。
終活を始めていたにもかかわらず、
ケイトの目には触れさせたくないはずの
卒論と指輪を処分しないまま急逝。

 

人生を掛けて守ってくれた父親を
知って欲しいという矛盾した気持ちもあり
卒論と指輪を捨てきれなかった…?

乃十阿徹(not at all)

乃十阿徹の名前にも伏線が…?
「not at all」には「全く~ない」「いいえ、まったく」「気にしないで」といった意味がある。

息子(犯人)尾高説


万一尾高が犯人ならケイトと血の繋がった兄妹に…

息子(犯人)野中説??


さすがに野中はない?
これ以上発狂させるのはさすがに…笑

真犯人は元妻説

乃十阿の元妻が犯人と予想する声も。

素晴らしき嘘

主題歌「素晴らしき嘘」にも伏線が隠されていそうだ。
ケイトと尾高の不倫関係を描いたような歌詞だが
ここにきて子どもを庇った乃十阿のことも彷彿とさせる。

アイキャッチ画像に使用


最終回で回収できそうな伏線が多くありそうだ。
果たして真相はいかに。