コロナ感染拡大懸念で東京事変ライブに賛否両論!グループ名が皮肉と化す!?

次々とにイベント活動自粛がなされている中、
椎名林檎率いる東京事変のライブ開催が発表された。

アイキャッチ画像に使用

これを受け、ネットの反応は賛否両論。

人が死んでからじゃ遅い

当事者だけの問題じゃないという正論の声。

家族の為に断念

大切な人たちを守ることを優先したファンも。

ファンの自己責任で

要は「払い戻しあり=自己責任」ということ。

批判したけりゃすればいい

満員電車よりかは安全そうではある。

あぶない橋ならなおさらわたりたい!?

批判覚悟の決断であったことは想像するに難くない。
らしさを貫く姿勢は支持したい気もする。


 東京事変の名を汚さないために…

万一集団感染を起こした際は、
開催者だけでなく参加者も
バッシングを受けることは間違いないだろう。

会場は!?

気になる会場は「東京国際フォーラム ホールA」

 最大座席数 5,012席
1階席 3,025席(オーケストラピット使用時 2,926席)
2階席 1,987席

引用元:東京国際フォーラム

隣席との距離はなかなか狭そう…

“事変”の意味

グループ名である「東京事変」の意味を
改めて考えたら、ちょっとコワくなってきた…

【事変】
異常な出来事。非常の出来事。
警察力ではしずめ得ないほどに混乱、拡大した騒乱。
引用元:Google 検索

2/29と3/1のライブ地は東京。
集団感染が起こればまさに東京事変。
皮肉の事態となりそうだ…
グループ名の通り、非常な出来事とならないことを切に願う。